Groongaドキュメント読書会3

2014-07-23(水)20:00 - 22:00

株式会社WEIC(入って右側に進んだところにある部屋で開催)

東京都新宿区高田馬場 1-29-8 新宿東豊ビル5階

Shinichiro Minami Yuya TAMANO Kazuki SAKAI Masaaki Kurihara + 3人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
晩御飯は食べてきてください。各自オンラインのドキュメントを参照するため、ノートパソコンを持ってきてください。会場にはWiFiがあるのでモバイルWiFiルーターは必須ではありません。

概要

Groongaのドキュメントを先頭から順に読んでGroongaについて理解していくイベントです。一回限りの開催ではなく、Groongaのドキュメントを一通り読み終えるまで続ける予定です。今回は4.2. リモートアクセスからです。

イベント名に「読書会」と入っていますが、本ではなくオンラインドキュメントを読みます。(オンラインドキュメントを読むことをなんというか知っている人は教えてください。。。)

前回の参加者のまとめ

前回参加していない人は、念のため前回の参加者が理解した内容のまとめに目を通してきてください。今回読むドキュメントの内容の中に、前回の内容の理解を前提としている箇所があるかもしれないからです。まとめは次の通りです。

目を通して、理解できなくても場合でも大丈夫です。会の中で質問してください。前回も参加した人がいれば、その人が答えてくれるはずです。

対象者

このイベントの対象者はGroonga初心者です。Groongaを触ったことがなくても問題ありませんが、「Groongaを理解したい!」というやる気は必須です。ドキュメントを一通り読み終わる頃にはGroongaの中級者になっていることを目指します。
(すでにGroonga中級者以上の方も参加して問題ありませんが、他の初心者の方のフォローを手伝ってくれることを期待します!)

進め方

このイベントはGroongaの開発者が主催しているので、それを活かした進め方になっています。

ドキュメントを読みながら参加者が疑問に思ったこと、ドキュメントでは説明が不足しているところ、ドキュメントが古くなっているところ、などは随時開発者が解説します。そのため、最新の信頼できる情報を得られます。
(最新のGroonga情報を提供するので、ドキュメントの不備の修正などでGroongaプロジェクトの開発に協力してくれることを期待します!)

より詳細な進め方は次の第1回のときで説明に使った資料に書いています。

http://www.slideshare.net/kou/groonga-document-read-1

1回のイベントの開催時間は2時間です。時間がきたら終了し、次回は続きから読み進めます。

終了後、参加者には、参加できなかった人のために自分のブログなどに参加レポート(理解したことやどこまで進んだかなど)を書いてくれることを期待します!今回参加できなかった人が次回スムーズに参加できるようにするためです。

まとめ

対象者、参加者への期待をまとめると次の通りです。

対象者:

  • Groonga初心者(「Groongaを理解したい!」というやる気は必須)

備考: Groonga中級者以上も参加可能だが、他の初心者参加者のフォローを期待する。

参加者への期待:

  • イベント中に見つかったドキュメントの不備の修正。
  • 自分のブログなどへのイベント参加レポート(新しく理解したことのまとめなど)の投稿。
  • Groonga中級者向け: 他の初心者参加者のフォロー
コミュニティについて
Groonga

Groonga

国産の高速全文検索エンジンGroongaに関する情報を交換するための場を提供します。 Groongaだけでなく、Groonga関連プロダクトについても扱います。例えば、次のようなプロダクトです。 Mroonga: MySQLからGroongaを使うためのストレージエンジン PGroonga: PostgreSQLからGroongaを使うための拡張機能 Droonga: 分散Groong...

コミュニティに参加